「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護等に関する法律」では「配偶者等からの暴力」と定義されており、配偶者等とは夫婦や事実婚、生活の本拠を共にする交際相手(いわゆる同棲相手)、また離婚した者(事実上の離婚を含む)の間で起こる暴力のことを言い、殴る蹴るといった身体的暴力だけではなく、精神的・性的暴力も含みます。
家庭内暴力は発見が難しく、慰謝料の請求などには様々な証拠をそろえて家庭内暴力を立証する必要があります。

まずはご相談ください。

近年増え続ける家庭内暴力。配偶者や恋人などからのDV(暴力)に悩んでいませんか?相談してみることで、解決方法が見つかるかもしれません。

  • お酒を飲むと暴力的になる
  • 育児放棄している
  • 常に文句を言われ、精神的に辛い
  • 行動を制限される
  • 確実な証拠が欲しい
DV、虐待、いじめ すぐに大分探偵事務所にご相談ください